top of page
  • 浩二 橋本

プロが教える!片付けるだけで「脱・汚い家」なポイント4選



ものが散らかっていて汚い家。なんとかしたいけど、どうすればいいのかわからない!と、お悩みの方のために、アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」の山口奈穗子さんに「ここを片付けるだけで、脱・汚い家!」というポイントを教えてもらいました。


広い面を「無」または「ワンポイント」にすればOK 家の中がキレイに見えるポイントは極めてシンプル。本来広くてスッキリしているところを、ちゃんと広くスッキリさせておくことです。 代表的な場所としては、以下のようなスポットが挙げられます。それぞれ、スッキリさせるコツと併せて解説していきましょう。


スッキリポイント1:玄関の三和土(たたき) 玄関の一段低くなっていて靴を脱ぐところを、たたきと呼びます。ここに置く靴を「無」または各自1足までにしてみましょう。家の玄関は、そのお家の第一印象となる場所。その玄関がスッキリしていれば、訪れた人は「お家の中までキレイだろうなぁ」という印象になります。


スッキリポイント2:テーブルの上 テーブルの上には何でもかんでも乗せてしまいがちです。ここをカフェのテーブルをお手本に、その時使っているもの以外は置かないようにしてみましょう。もちろん、お花などのワンポイントの飾りはOKです。


スッキリポイント3:床 床に置くのは家具とラグだけにしてそれ以外は「無」にする。脱いだものやダンボールなど放置しがちですが、そのようなものが1つあるだけで、部屋全体が散らかった印象になってしまいます。


とは言え、床を「無」にするのはけっこう難しいかもしれませn。そんなときにおすすめなのがフタ付きのスツール(椅子)です。日用品のストックはもちろん、脱いたパジャマなども、スツールに放り込んでフタをしてしまえば簡単にスッキリです。ネットで探せば色々な色や大きさのスツールが買えますので、ぜひチェックしてみてください。


スッキリポイント4:冷蔵庫の表面 「無」または「横面だけ」にする。 冷蔵庫の表面は、本来つるんとしているので、何も貼らないでおくとスッキリします。 冷蔵庫に色々くっつけてあると、シール遊びが好きな子どもの学習机のように見えてしまうかも(笑)。


もし何かお知らせ用紙などを貼っておきたい場合は、冷蔵庫の横面を利用しましょう。表面は冷蔵庫の「顔」をスッキリさせておくと、キッチン全体の清潔感にもつながります。

閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page