top of page
  • 浩二 橋本

仙台で観測史上最速の桜開花 一夜明け晴れ間広がり、市内の名所に花見客



仙台管区気象台が3月26日、仙台の桜(ソメイヨシノ)の開花を発表した。雨の中での開花発表から一夜明け晴れ間が広がった27日、市内の桜の名所には早くも花見客が訪れていた。


1953(昭和28)年からソメイヨシノの開花観測を行っている仙台管区気象台。構内の標本木を目視で確認し、5、6輪以上の花が咲いた状態を開花とする。今年は平年並みだった昨年より13日早く、観測史上最も早い桜の開花宣言となった。


 ソメイヨシノ、シダレザクラ、エドヒガン、ヤエベニシダレなど14種類、約350本の桜が植わる宮城野区の榴岡公園では、4年ぶりとなる「桜まつり」を開催。24日に一足早く屋台の営業を始め、30日18時にライトアップの点灯式を行い開幕する。屋台の営業時間は10時~21時。大道芸や飲み比べ、仙台すずめ踊り、ライブなどの催しも展開する。開催期間は、お花見自由広場=4月29日まで、南エントランス=5月7日まで。


 南エントランスで屋台を運営する榴岡公園お花見協賛会の男性は「見頃のピークは来週ぐらいになるのでは。遅咲きのシダレザクラもあるので長く楽しめると思う。4年ぶりの桜まつりなので、大いににぎわってもらえれば」と期待を寄せる。


 約200本の桜がある青葉区の西公園では、4月1日から「西公園 櫻岡(さくらがおか)花見」を開催。屋台ブースやテーブルや椅子を用意し、ライトアップを行う。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から桟敷席は設けない。開催期間は桜の開花状況による。


 早咲きの桜から遅咲きの桜まで48種類約750本が約1カ月間にわたって順に開花する太白区の三神峯公園では、4月7日から「さくら祭り」を開催。飲食販売ブース(10時~17時)を開設する。4月22日まで。


 日本気象協会による仙台の満開予想日は3月31日。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page